よく工場の生産ラインを紹介しているのを見ますが、流れるような作業で大量に同じものを作っている様子がなんだか見てて楽しいですよね。

今回紹介されていたのは日本の有名なお菓子「どら焼き」の全自動マシーンでした。生地を焼くところから焼き印を付ける所まで、すべての工程を機械で作っている様子が意外にも外国人にウケたみたいです(笑)

どら焼きマシーンの一部始終

まずは生地を鉄板の上に落とします

youtu.be-Jq-GzuuJ3S0 (2)

その後熱せられた生地はひっくり返されるんですが、これが気持ちいい!

youtu.be-Jq-GzuuJ3S0 (3)

ひっくり返した生地は4枚ずつ運ばれていきます

youtu.be-Jq-GzuuJ3S0 (4)

片方には中身のジャムを充填。もう片方はそのまま流れていきます。この機械ではあんこ以外にもカスタードやジャムなども充填できるそうです!(もはやどら焼きではない)

youtu.be-Jq-GzuuJ3S0 (5)

そして片方の生地を持ち上げてペッタンコ。

youtu.be-Jq-GzuuJ3S0

最後は焼き印まで付けてくれるんです!(にっこり)

youtu.be-Jq-GzuuJ3S0 (1)

実際の動画

海外の反応

流れるような作業だね!じっくりと見れて嬉しいよ!

 

 

僕は日本でどら焼きと出会った時にとても驚いたよ。シンプルなのに温かみを感じたね。

 

 

こうやって作られていたのか!どおりで全て綺麗な焼き色をしているなと思ってたんだ。この機械は日本製かな?さすがの技術だね!

 

 

どら焼きってなんだい?パンケーキのようにも見えるけど…。

 

 

どら焼きは日本のお菓子なのか!僕の国のお菓子よりも美味しいのかな。一度食べてみたいよ。

 

 

おお…。どんどん作られていく…。

 

 

これ生地の中に入れてるのはケチャップかい?!日本人はパンケーキにケチャップをつけて食べるのかい?!こりゃ驚いたよ…。

 

 

このお菓子あれだろ?日本のマンガで見たことあるよ。

 

 

「和菓子」っていうんでしょ?私は大好きよ。