みなさんはTEDをご存知でしょうか?

要は世界中の著名人が様々なテーマでプレゼンを行なうのですが、それが非常に為になるのです。知っている人は「暇があれば見ている」という人もいます。

日本ではNHKがスーパープレゼンテーションという番組内で毎週反響の大きかったTEDトークを紹介していますが、ネット上に一般公開されているのでいつでも見ることが出来ます。

TED:https://www.ted.com/talks?language=ja

私も大好きでよく見ているのですが、このシリーズでは特に印象に残ったプレゼンを紹介していきたいと思います。

頭良さそうにTED風プレゼンをする方法

ウィル・スティーブンが発表したこのプレゼンはSNSなどで話題にもなりましたが、内容をご存知ですか?実はこの人、これまでのTEDトークのセオリーをぶち壊したと言っても過言では無いような人物なのです。

普通は自分の専門分野の知識を活かし、皆さんに有益な情報をプレゼンするのですがこの人は違いました…。

スクリーンショット 2015-04-22 11.03.48

出てきて早々こんなことを言い始めたのです。

「言うことは何もありません。ゼロ。無。皆無。からっぽ。気の利いた事も刺激されるようなこともありません。何も調べていません」

この時会場の全員に「?」が見えた気がします。

 

スクリーンショット 2015-04-22 11.08.49

しかし彼は「話し方一つで言うことがあるかのように見える」と続けます。

結論から言うと彼はデタラメを話していても話し方・ジェスチャー・プレゼン内容をそれっぽくしていれば、説得力があるように見えるという話をしています。

スクリーンショット 2015-04-22 11.12.30

しかしこれが意外と説得力があるんです。客席も笑っていますね(笑)

私の感覚的に言うと「TEDあるある」のネタ披露をしている感じでしたね。よくTEDを見ている人ほど面白いと感じるんだと思います。

スクリーンショット 2015-04-22 11.17.07

しかし彼は最後のまとめに入った頃。意外と真面目に話し始めました。詳しい内容と結論は実際に見て下さい!(約6分ほどの動画なのでぜひご覧ください)

最初から最後まで適当にデタラメを話しているように見えたんですが、おそらくこの人はこのプレゼンをするのに膨大な量のプレゼンを見てきたんだと思います。理由としては

  • 説得力のある人はどんな話し方でどんなジェスチャーをしているのか?
  • また、どんなスライドを使ってどのような話をするか?

など全てに説得力があるので、勉強してきたんだなという印象を受けたからです。

良いプレゼンとは?

大学生や新社会人の人はプレゼンの機会が多く、不安があるかもしれません。そんな人ほど自信を持って発表しなくてはいけません。

しかし伝えたいことだけを伝えても、印象に残るプレゼンとは言えません。プレゼンで自分を受け入れてくれないと聞き手は耳を傾けてはくれません。

スクリーンショット 2015-04-22 11.37.12

彼もこう言っています。最初は疑問しか無かったプレゼンも最終的には皆が納得するプレゼンに変化していました。

これは彼の面白さ、人柄の良さなどがプレゼンのやり方一つで伝わってきたからだと思います。そして彼を受け入れる。その結果プレゼンが面白く思えてくる。

そんな流れを作り出すことも重要なんだと教えられている気がします。

「発表のしかた一つで受けての印象は大きく変わる」

そんなことを教えてくれるプレゼンでした!