ボーイング747はアメリカのボーイング社が開発した、通常600人までの大人数を収容できる超大型ジャンボジェット機。日本ではおなじみのANA全日空が採用しています。

27DB105600000578-3050249-image-a-44_1429697193784

なんと、このボーイング747を海外の億万長者を対象として720億円をかけ、専用にカスタマイズされてしまいました。ジェット機といえど使えるスペースは有限ですが、まるで空飛ぶ海外の一流ホテルのようです!今回はこの747の豪華な装飾や、部屋の数々を紹介したいと思います。

巨大な空飛ぶ高級ホテルの内部にズーム!

豪華なラウンジ

こんな豪華なラウンジで海外のVIPが談合すると思うと・・・
デザインといい、装飾といい、まるで高級ホテルのようです。

27D9411E00000578-3050249-image-m-3_142969377371627D943B900000578-3050249-image-a-9_142969392158527D9428100000578-3050249-image-m-38_1429694653616

 

オーナー専用ベッドルーム

こちらは、マスターベッドルームと呼ばれる、オーナー専用の巨大なベッドルーム。
いつでもこんなふかふかのベッドで眠ることが出来ると思うと羨ましい。

 27D941BF00000578-3050249-image-a-4_1429693823685

 

飛行機の中に会議室?!

こちらではなんと、ビジネス用のミーティングのための会議室まで用意されています。海外の大企業の社長や、超大物が乗ることを前提としていますから、いつでも仕事に打ち込める環境が準備されています。

27D9438000000578-3050249-image-a-6_1429693876252 (1)

 

ゲスト専用ルーム

こちらの部屋はゲスト用にベッドルームとして使えて、またビジネス用の部屋としても活用することができるそうです。

27D9436400000578-3050249-image-a-11_1429693986329

 

飛行機内に一流レストラン

機内に専用の一流シェフが在中しているので、オーナーやゲストと共に、機内で高級ディナーを楽しむことが出来る。
27D9432000000578-3050249-image-a-15_1429694144078

 

豪華な広々としたリビング

ここでオーナーや招かれたゲストがテレビを見たり、雑談をしたりする巨大なリビング・・
写真の広さからして、とても機内にあるとはおもえないほどの広さ。

27D940FD00000578-3050249-image-a-17_1429694255836  27D940F300000578-3050249-image-a-19_1429694322866

オーナー用のプライベートルーム

ここではオーナーが仕事を、また疲れを取るためにリラックスできる空間をコンセプトに作られた豪華な別室。
27D9410C00000578-3050249-image-a-22_1429694399126

ボーイング747の見取り図

通常で600人を収容できた事もあって、その機内の広さをずば抜けています。
これを海外の億万長者たちが貸し切りにするわけですから、考えてみるだけでも恐ろしい・・・

27D1BAAB00000578-3050249-image-a-26_1429694438157

一度でも良いので、こんな豪華な機内で快適な空の旅を満喫したいものですね!

引用元:http://www.dailymail.co.uk/news/article-3050249/