中国で高校に進む際に受ける試験。その難易度から不正行為も多いと言われています。

その手口も巧妙で、ペンから発信した問題を耳の中に隠したイヤホンで答えを聞くというものまで…。その対策として登場したのがドローンです。

exam-china_1024

上空500mから生徒を監視して、何かしらの電波をキャッチすると場所を特定して不正行為をしている生徒を即座に摘発するというシステムだそう。

海外の反応

何を考えているんだ?これはドローンを操作した事が無い人が考えたんだろう。馬鹿馬鹿しいね。

 

 

確かに。発想に全くセンスが無いよ。普通に監視カメラでも良かったんじゃないか?

 

 

いや、不正行為が巧妙すぎてカメラじゃ無理なんだろ?だからドローンを使うと言っているはずだ。ドローンの使い方としては新しいけど、危険だよね…。

 

 

確かに上空にドローンが飛んでるという情報を知っていれば、不正行為も少なくなるかもしれないね!

 

 

そこまでしてでも試験に受かりたいんだね…。もっと勉強してればいいのに…。

 

 

ドローンを使うのは危険だ。テスト前・テスト中・テスト後に全生徒を徹底的に調べればいいんじゃないかな?先生がテスト中に歩き回られるのは緊張するもんねw

 

 

そこまでしてでも不正行為をして見つからなかったらそれも才能じゃないかなwそこまで賢いなら逆に素晴らしい人材だと思うんだけど!

 

 

それだとちゃんと試験を受けている人達が怒るよ。「必死に勉強してきたのに不正行為の人と同じ扱いになるなら…」と考えるはずだよ。

 

 

そうだよね。不正行為をすると言っても一部だろう?他の大多数の生徒は真面目に試験を受けているはずだ。でも、真面目に受けているのに怪しまれるという状態も少し嫌だね…。

via:http://goo.gl/qAlSuL