あなたにとってリーダーシップとは何だろうか。人それぞれ考え方は違うが、尊敬できる人物や行動力のある人物なども当てはまるかもしれない。今回は一つの国のリーダーつまり大統領として支持される人物像について興味深い事例があるので紹介したい。国民から支持されるだけでなく世界的に有名なホセ・ムヒカ大統領である。

注目が集まったリオ会議

ホセ・ムヒカ大統領が注目されたのは2013年の7月に行われた環境について考えるリオ会議でのスピーチが始まりである。私達が当たり前のように過ごしている日々の生活の中で幸せとは一体何なのか?貧富の差はなぜ生まれるのか?などの疑問を新たな角度から提示し、注目を集めたのです。このスピーチはすぐにネット上で話題になり、絶賛されています。日本でも彼の考え方を一つの絵本にまとめて広く親しまれています。ただスピーチが賞賛されているだけでなく、ホセ・ムヒカ大統領は生き様も尊敬されています。

世界一貧乏な理由とは?

大統領といえば給料をたくさん貰い、プール付きの大豪邸に住んでいるイメージがあるかもしれませんがこの人は違います。まず給料の90%を福祉団体に寄付し町外れの小さな家で妻と犬と暮らしており、国民とさほど変わらない生活を送っているのです。決してこれはパフォーマンスではなく本人が希望してこのような生活を送っているとのこと。車を運転すると当然のようにヒッチハイカーを拾い、気さくに会話する。こんな大統領を考えられるだろうか?