ミズーリ州にあるリンデンウッド大学で女子ラグビーをしているGeorgia Page(ジョージアページ)が試合中に見せたある姿がカッコ良すぎると話題になっています。

この瞬間彼女は鼻を骨折し、流血してしまいます。しかしすぐに立ち上がり何事もなかったかのように次のプレーに行こうとするのです!

少し悲惨な状態になってしまいましたが、試合後に彼女は「大丈夫だったよ」と答えていたそうです。
この勇敢なプレーが世界中で賞賛され、女子ラグビー界を盛り上げるキッカケになってくれればと関係者は話しています。

海外の反応

ラグビーをしている以上はこの程度の怪我はよく起きることだね。でも彼女はいたってクールだった。 これから女子ラグビー界がもっと盛り上げればいいね!

 

 

これまでに厳しい練習をしてきたからこそ出来るプレーなんだろうね。ラグビーなんだし怪我は当然だけどこうしてみるとやっぱり凄いスポーツだよ。

 

 

同じ女性として尊敬するわ。ラグビーなんて怖くてできないけど、強い女性は本当にカッコイイと思う!

 

 

女性が強いというのがハッキリ分かる映像だったね。女性は出産という試練に立ち向かえる強さがあるからね。その「強さ」は男性より優れているかもしれない。

 

 

彼女強いね!タックルもちゃんと入れているし、怖がっている素振りを終始見せなかった。こんな素晴らしい選手をワールドカップで見れることを期待しているよ!

 

 

ラグビーはこれがあるから怖いよね。見ているのは面白いけど選手にはなりたくないよ。彼女の勇気は凄いと思う…。

 

 

私もラグビーをやっているんだけど、感動したわ!こんなかっこいい選手に私もなりたいと思った!これからも頑張ってください!

 

 

こういう素晴らしい選手をもっとニュースで伝えるべきだよね。

 

 

感動したよ。これ以外にも彼女のプレーが見たくなった!正直女子ラグビーを舐めていたけど、これからは尊敬する。