イギリスで最大のスーパーマーケットチェーン店「TESCO(テスコ)」のCEOはこう述べています。

毎年、食品廃棄物を数千トンを捨ててしまう事に「快適」を感じていない

TESCOの最新の統計では、55,400トンもの廃棄を出したことを公表しています。その中の30,000トンはまだまだ食べれるものだったとも言われています。

スーパーマーケットとしては少し日が経ってしまうと新しい商品と入れ替えるのでこのような自体は珍しくありません。

2959C3D400000578-3110734-image-a-5_1433421714419-1

そこでTESCOは、多くのホームレスや飢えが無くなることを期待してこの問題に取り組む運動を初めたということです。現在は10店舗がこの取り組みに参加しています。

海外の反応

とても良いことだと思うよ。これまで廃棄処分していたモノが有効活用されるのはお互いがいい気分になれるもんね。

 

 

TESCOがこの判断をしたのはとても良い事だと思う。ただ「格好良い」とか「偽善」でやるのは違う。もちろんそんなことは無いと思うけど、最近はボランティアの意味を履き違える人が居るからね。

 

 

30,000トンも廃棄してるのか?!凄いね…。僕の知らない世界を見た気がするよ…。

 

 

私は学校の食堂で働いているんだけど、毎日捨てられる食材の量が凄いのよ。本当に無駄だなと心を痛めながら見ているんだけど私にはどうしようも出来ないわ…。

 

 

その提供された食料が世界中に分け隔てなく分配されるといいね。困っているのはイギリスだけじゃないと思うし。

 

 

少し批判が来るかもしれないわね。食料の問題についてはちゃんと考えないといけないけど、それぞれの国によって考え方も違うからあまり口出しは出来ないのよ。

 

 

僕はスーパーマーケットで働いているけど、この問題を少し考えていたところなんだ。毎日本当にすごい量の食品を処分するからね。30,000トンがどれ位の量かは分からないけど深刻な問題であることは確かだと思っているよ。

 

 

この判断は仕方ないと思うけど、余らさないために顧客の増加を先に考えるべきなのでは?顧客が増えれば商品も売れる。だから廃棄も無くなる。

 

 

ちょっとそれは違うわね。顧客が増えれば入荷する量も増えるから結果は同じよ。店としては売り切れの状態は絶対に良くない。だから余る程度に入荷するのよ。余ってしまうのは仕方ないことなの。

via:http://goo.gl/voM60r