太平洋を手漕ぎボートで横断中だったアメリカ人女性のSonya Baumsteinソーニャさんは悪天候によりその挑戦に幕を閉じた。

関連記事:アメリカ人女性が日本から9600kmの太平洋を手漕ぎボートで横断する 海外の反応

土曜日にソーニャさんは遭難信号を送り、後に日本の海岸で救助された。30歳になるソーニャさんは日本の銚子港から出発して世界で初めて太平洋を横断する女性としてと期待されていた。

sonya
via:http://www.japantoday

彼女はサンフランシスコに向けて出発したが、6月13日 土曜日の午後2時20分に福島県いわき沖250kmのところで遭難信号を出した。そして午後5時に付近にいた貨物船に救助され、午後8時50分を回ったところで海上保安庁の元へと引き渡された。

海外の反応

やっぱり時間の問題だったなwwww

 

 

声に出して笑ってしまったwwww

 

 

何も驚くことではないよ。

 

 

私たちはこの報告が来るのを待っていた。

 

 

もうこんな感じのことだと予想していたよwwマップの改訂版が必要だな。

 

 

しかもこれ1週間すら航海できてないじゃないかww

 

 

もちろん船内にある全ての食料を食いつくしてたんだよな?

 

 

手漕ぎボートで漕げ!漕げ!・・・って悪すぎるよ。不可能なミッションだろうww

 

 

これ救出されてなくても何十日も悪天候にさらされたし、悪夢のような夜を過ごさなければならなかっただろww

 

 

もし彼女が天候の事を知ってたなら、何で航海を前もってやめなかったんだろ・・

 

 

彼女の救出のために一体どれだけの多額のお金が使われたんだ?

 

 

大切なことは彼女はこれに挑戦したけど、誰も話題にしないし気にしなかったことだな。

via:https://goo.gl/O5FBQ5