世界限定販売のアイアンマンリミテッドエディションのスマホ Samsung Galaxy S6 Edgeが91,000ドル(日本円で約1100万円)で売られていると聞いたらその値段が吊り合うと思うだろうか?

実際のスマホの紹介動画

このスマホを手にした中国人の男性がJD.comというネットオークションに91000ドルという破格の値段で出品した。平均の売値が1079ドル(約13万円)なのだが、なんとオークションでは91000ドルを超える落札値が付いてしまった。

なぜこうなったかというと、世界限定販売でスマホに記載されたシリアルナンバー66という数字が原因なのだ。

中国では6という数字が幸運の数字なのだ。もちろん66という数字もだ。また中国人が赤や金という二色の色を非常に好み、彼らにとっては豪華さや寛大さを表すものらしい。via:http://www.dimiclub.com

海外の反応

 

クソワロタwwww

 

 

クレイジーすぎるだろ。

 

 

なんてこった、中国人はどうかしてるよ。

 

 

オレが5000ドルでコピー商品作っても売れそうだな。

 

 

もう既にコピー商品の生産体制に入ってるんじゃないかwww

 

 

このスマホを買ったとして、オレの2年分の給料が吹き飛ぶわけだが。

 

 

落札額が9万ドルを”超える”値段で落札されたって・・読んだんだけど。

 

 

↑そうだな、馬鹿げている。あのスマホがコピー商品だってことは皆知っているよ。

 

 

金持ちほどケチと聞いていたんだが。

 

 

富裕層からしたら、9万ドルのスマホを買うことはたった1食分の外食するくらいのことなんだろうな。

 

 

もしお金持ちだったら、値段なんてほとんど関係ないんだろうな。

 

 

↑これは本当にクソだと思うよ。もしオレが1000万の車が欲しかったとしても生涯働いて貯めて買うしか無い。しかし、これを買った奴は指先で労働者を動かして彼らから搾取して簡単に買うことができる。

 

 

↑もう来世が超絶リッチなことを願うしか無いよ。

 

 

なんで富裕層は直接サムスンから発売されている物を買わなかったんだろう?

 

 

↑よく読め、シリアルナンバー66だから価値があるんだ。

 

 

666もスーパーラッキーだよね!中国人の皆さん!

 

 

中国人は666についてはどう思ってるのかな?(欧米では666は悪魔の数字と知られている)

 

 

↑悪魔崇拝はやめろ!

 

 

わかったのは一部の中国人は金に余裕が有り余って無駄遣いをしているというクソみたいな事実だけだな。

 

 

とりあえず赤色のスマホを買ってアイアンマンのデカールを貼ってアイアンマンスタイルとして売る仕事してくるよ。