中国で開かれている上海映画祭で日本の人気アニメ「進撃の巨人」のみが急遽予告なしに上映中止になってしまった。海外ニュースサイトによると、原因は不適切な描写が多く見受けられたため、中国文化当局によってブラックリスト入りしてしまったのだという。

【上海時事】上海国際映画祭の一環として13日から上海市で開催される「日本映画週間」で、人気アニメ「進撃の巨人」の劇場版が上映できなくなったことが10日、分かった。中国側が日本側に通知してきた。「進撃の巨人」は最近、中国当局によって国内でのインターネット配信が禁止されており、その影響を受けたとみられる。(時事通信)via:news.yahoo.co.jp/

外国人はこのニュースを聞いて一体どんな反応を見せるのか。

海外の反応

アニメは楽しみの側にあるだけのものなのに。

 

 

今回のこの騒動は恥じるべき行為だと思うよ。

 

 

映画がダメかどうかなんて見てないのに誰が気にするんだよ。勝手に決めないで欲しい。

 

 

何があったんだ?!この上映中止でせっかくの映画祭が台無しになっただろう。
こういうのは大衆に決めさせるべきだよね。

 

 

私の一番お気に入りのアニメなのに、彼らは上映を中止させちゃったんだね・・愚かだよ。

 

 

哀れだなあ。

 

 

コピーフェスティバルと呼ばれてもいいのかな。

 

 

最悪なフェスティバルに成り下がっちゃったよ。

 

 

本当に愚かだと思った。

 

 

もう何も驚くようなことじゃないけどね。

 

 

何で検閲する必要があるのだろうか?
この映画祭は質の低いものになっちゃったし、そこに介入するべきではないよ。

 

 

これは流石に不味かったんじゃないかな。

 

 

何も驚くようなことじゃないよ。自由な発言が認められないところに一つも期待していないし。

 

 

彼らは純粋に優れた文化を見せつけられるから嫉妬心で中止にしたんじゃないか。

 

 

日本文化によって、自国の評価が2番目になることを恐れたんじゃないかな。

 

 

他にやることが多すぎてとりあえずもう上映中止にしてしまえ!って決定したんじゃないか。

 

 

この上映中止で一体いくら予算をつぎ込んでマイナスにしちゃったんだろうね。

via:https://goo.gl/4pzyXb