皆さんは海外で車を運転したことがありますか?そんな経験がなくても一度はこの問題を考えたことがあるのではないでしょうか。

なぜ日本は右ハンドルで左側通行なのでしょう?

海外のほとんどは左ハンドルに右側通行です。逆に考えると海外はなぜそうしているのか?何かメリットがあるのでしょうか?今回はそんな素朴な疑問について調査しました。

世界ではどちらが主流なの?

6a00d8341c5dea53ef0120a7a963f0970b-800wi

こちらの地図は右側通行か左側通行かを表した図です。

日本が青なので青色左側通行赤色右側通行となっています。こうして見るとやはり右側通行の方が多いんですが、一体なぜこのような差があるのでしょうか?

理由はそれぞれの国によって歴史があり、様々な理由があることが分かりました。

もちろん近くの先進国が右側通行だったからという理由もあるかもしれませんが、多くの国ではその国の文化と合わせて便利な方を選んだとされています。

ハンドルの違いは?

そもそも、左側通行の国では右ハンドル車、右側通行国では左ハンドル車が主流です。したがって運転席の位置は、道路の内側ですよね。

これは、車両がすれ違う時に安全性と右左折時の対向車の確認のしやすさを考えた結果です。これに関しては各国共通であることが言えます。

でも日本でいわゆる外車に乗ると左ハンドルになりますよね?これには特に禁止されてはいないのでOKですが、運転時には気をつけましょうね!

アメリカでも右ハンドル?

アメリカは右側通行なので、左ハンドルですよね?しかしアメリカで唯一右ハンドルを使用する車両があります。それは郵便配達ゴミ収集車の車両です。

右ハンドル1-thumb-500x379-3160

 

これは郵便配達用の車。降りずにそのままポストへ入れてしまう辺りがなんともアメリカン!楽しそうで何よりです!

 

右ハンドル2-thumb-600x385-3163これはゴミ収集車。なんとも豪快な収集ですね…。日本とは違ってゴミ箱を掴んでそのままポイしてしまう。ワイルドすぎます!

以前ゴミ箱に関する問題を取り上げていますので、ぜひご覧ください。
(記事:日本とは大違い。世界のゴミ箱問題

このようにアメリカでも右ハンドル車が使われているのはなぜでしょう?それは歩道側での作業が多いとわかっている車両だからです。

なんと効率的な理由でしょう!さすがアメリカですね。

日本が少数派(左側通行)の理由

結果から言うと日本の左側通行についても理由ははっきりとしていません。諸説ありますが、今回は最も有力とされている説を紹介します。

1

時は江戸時代。街を歩く武士などは左腰に刀を差していました。これは右利きの人が刀を抜きやすいという理由ですが、左側通行になったのは、この刀が触れ合うことを避けて自然と左側通行になっていたという説が最も有力です。

刀に触れてほしくないという理由かもしれませんが、きっと触れてしまうのは相手のことを思ってではないでしょうか?心は古くから日本人の心にあったということが分かります。

その頃から始まった左側通行は現在も日本中に浸透しているというのが凄いですね!