メジャーリーグ。それは野球の本場アメリカでもトップの選手が活躍する素晴らしい場所です。野球を知らない人でもこれくらいは知っていると思います。

そんなメジャーでは日本のプロ野球では見たことがない珍しいプレーを簡単にやってのける選手がいます。その中にはこれまでの野球の常識を覆すようなプレーまで…。

今回は野球経験者の私絡みても素晴らしいプレーを紹介します!

そもそもメジャーリーグとは?

mlb

プロ野球ではセ・リーグパ・リーグに分けられており、全12チームがシーズンを通して戦い、日本一を目指しています。

それに対しメジャーリーグはア・リーグナ・リーグに分かれ、全30チームが頂点を目指して戦っています。

実はその30チームの中で唯一カナダに本拠地を置いているチームがあるのをご存知でしたか?意外と知られていないのですが、川崎宗則が所属していたトロント・ブルージェイズはカナダのチームです。
kawasaki20lo20viste

見事なプレーをご覧あれ!

まずは、つい先週に起きた飛んてでもない珍プレーです。

アトランタ・ブレーブスのエリック・ヤング・ジュニアがという選手がバントでライト前ヒットを打ったというのです!

普通バントといえば、ボールの勢いを無くして目の前に転がすような非常に技術がいるプレーです。
とても偶然とは思えないこのプレー。よく見てみるとバットに当たる瞬間に少しヒッティングに変えているような気がします。スクリーンショット 2015-05-01 12.47.46

この瞬間です!もしバントの構えで内野手を油断させてヒットゾーンを広げていると言う狙いなら凄まじいプレーですよね!
その後も何食わぬ顔で普通にしているので作戦成功ていった感じでしょうか(笑)

スクリーンショット 2015-05-01 12.49.55

ドヤ顔も決まっていますっ!


次は野球経験者なら誰もが憧れる強肩の選手です。

オランダ出身で現在はアトランタ・ブレーブスに所属しているアンドレルトン・シモンズは、強肩で有名な選手です。
強健といえば外野手のイメージがありますが、彼のポジションはショート。一体なぜ強肩に注目されているのでしょう?

私が最も驚いたのは動画の1:25から連続で紹介されている2つのプレー。
まず1つ目はショートの深い所でキャッチしたシモンズはものすごいスピードでファーストに送球してアウトにしてしまいます。

スクリーンショット 2015-05-01 13.07.03

取ってからが早いわけでもなく(逆に遅いくらい?)ただ、この体勢から投げたそのスピードが動画越しでも早いのが伝わってきます。凄すぎです…。

次は1:44からの外野からの中継プレー。

スクリーンショット 2015-05-01 13.09.09

この位置から投げたボールはまさに矢のような返球で楽々アウトになっています。
レフトの選手が投げたスピードとシモンズが投げたスピードを比べたら一目瞭然ですね!
普通はレフトの選手くらいなんですよ?!まるでやる気が無いかのようなスピードに見えますよね(笑)


このようにメジャーにはまだまだ知られていない素晴らしい選手がいっぱいいるのです。勿論有名な選手であったり、日本人選手に注目するのもいいですが、このような選手に注目するのもいいのではないでしょうか?