激レアさんを連れてきた

ドローンレーサーになるには?方法や手段を紹介!仕事としてどうか

近年ドローンの活躍が目覚ましいですよね。

活躍の場としてはテレビでの空撮や農業現場や災害現場など。話題になり始めた当初はこんなに人気が出るとも思っていなかったですし、想像もできませんでした。

先日「激レアさんを連れてきた。」に出演し話題となった白石麻衣さんはドローンレーサー。聞きなれない言葉に?となってしまいました。

そこで話題のドローンレーサーにはどうなってなるの?気になったので調べてみました。

ドローンを使った仕事は?

まず知っておきたいのがドローンを使った仕事にはどんなものがあるのか?というところですね。

もちろん今回話題にしている「ドローンレーサー」もありますし、その他には最もポピュラーな「空撮カメラマン」。他には農業で広大な土地の農薬散布・建設現場での安全確認・災害現場での現地確認・セキュリティの役割などなど、その活躍の場はどんどん広がっています。

ただしドローンレーサーの場合はスポンサー契約・あるいは大会の獲得賞金がメインとなってくるので安定的ではありませんが、大会によって高額な賞金になる事もありますね。

例えば...

  • 「World Drone Prix」

ドバイで行われたドローンレース。世界最大規模で優勝賞金2800万円、賞金総額1億円

  • 「FAI World Drone Racing Championships」

国際航空連盟「FAI」が主催するドローンの公式世界選手権。優勝賞金260万円、賞金総額3000万円

ドローンレーサーへの道。方法・手段は?

ドローンレーサーになるためにはまず必要な資格があります。

それが「アマチュア無線4級」です。

いきなり資格試験かぁと思った方いると思いますが、確かに内容は初心者には少し難しいです。

しかし、過去数年の合格率は約70%を推移しています。

その理由の一つとして、過去問の問題集をやっていれば合格するレベルだからです。

自動車教習のような感じですね。なんだか難しいけどひたすら過去問をやっていれば、同じ問題ばかりでるから合格できちゃうってイメージ。

内容としては無線工学と法令です。本気ですべて理解しようとしたら難しいですが、合格するための勉強と割り切って過去問をひたすらにこなせば大丈夫!

晴れてアマチュア無線4級に合格できたらあなたはもうドローンレーサーになれます。

ただしここからが重要です!

ドローンレーサーとして食べていくためには当然、大会で結果を残していかなければなりません。

各地で開催される大会やリーグ戦に参加。結果を残しながらクラスを上げていきつつ、個人プロとして生計を立てていくか、ドローンプロチームの一員として活躍するという方法になります。

どちらにせよドローンレーサーとしてで食べていくには、大会で結果を残し続ける必要がありますので、それ相応の努力とちょっぴり才能も必要になってくるかもしれません。

過去の放送
いのうえじゅんこ(コスプレ議員)年齢や結婚は?大学や高校も調査!

井上純子(いのうえじゅんこ)さんを知っていますか? 北九州市議会議員にして元・バナナ姫ルナというコスプレで観光PRをしていた方です。 12月13日の「激レアさんを連れてきた。」に出演した事で大きく注目 ...

過去の放送
井上純子(コスプレ)かわいい!インスタは反則級。議員の公約は?

激レアさんを連れてきたに出演し話題になっている方がいます。 北九州市議会議員の「井上純子」さんです。 井上純子さんは北九州市の職員経験を経て、2021年北九州市議会議員になったばかり。 市職員観光課所 ...

過去の放送
井上純子(バナナ姫ルナ)wikiプロフィールや経歴は?北九州市議の素顔!

こんにちはKEです。 今回紹介するのは「激レアさんを連れてきた」に出演し話題となっている北九州市議会議員の「井上純子」さんです。 井上純子さんは上司の無茶ぶりの末、ご当地キャラコスプレをしたことで大人 ...

今後ドローンレースの大会規模は大きくなっていく?

ドローンレースは欧米を中心に盛り上がりを見せています。

現状、日本ではまだ認知度が高くなく、大会規模もそこまで大きくありません。

しかしドローンを趣味から始める人も多くなってきており、ドローンレースへの参加者も年々増えているようです。

世界的に広まってることからも今後賞金金額が上がっていくことは必至です。

一攫千金も夢じゃない!プロドローンレーサーという職業が定着する日はそう遠くないかもしれませんね!

-激レアさんを連れてきた